目的

トップレベルでも活躍できる選手を育てます。

大切な基礎を中心として指導します。

レベルアップを目指しましょう。


活動の心得

1.「元気なあいさつをしましょう。」

積極的に自分からあいさつをしましょう。バスケットにおいても自分で考えて行動する選手が上達します。

2.「仲間をたくさん作りましょう。」

スクールではチームとして行動はしません。しかし同じ時間、同じコートで練習をするのでたくさんコミュニケーションを取り仲間を作りましょう。バスケットはコミュニケーション能力も一つの武器となります。

3.「分からないことは聞きましょう。」

コーチの言っていることが分からないまま練習をしても意味がありません。分からないことは恥ずかしいことではないのでたくさん聞きましょう。

4.「自分のことは自分でしましょう。」

体育館でのカバンの置き方、靴の並べ方、道具を借りたら自分で元の場所に返す。当たり前のことを当たり前にできるようにしましょう。

5「感謝の気持ちと目標を持ちましょう。」

スクールに参加できる、送り迎えをしてくれる、教えてくれる人がいる、このようなことを当たり前だと思わないように常に感謝して(言葉)や(行動)で表しましょう。目標を持つことはとても大切はことです。目標に向かって練習をすることで早く上達する秘訣です。なにを目指すのかどんな選手になりたいのか決めておきましょう。1日ずつの目標を持つことも大切です。